インターンシップを知ろう

日本と海外のインターンシップの違いって?

近年では、就職活動を見据えて海外でのインターンシップ経験を
積みたいと考える学生も増えています。
就職氷河期とも言われるこの時代に、他の学生との差別化を
図りたいという気持ちの表れなのかもしれません。
また、海外でのインターンシップ体験によって、語学力の向上も
期待でき、何よりも自分に自信が持てるようになるようです。

海外のインターンシップの内容もさまざまで、有給のものもあれば、
無給のものもあり、短期から長期間までと多岐にわたります。
海外のインターンシップは、「現地で生活する」ことも一つの
目的なので、語学だけでなくその国の文化や歴史などに
触れる機会が多いのも大きな特徴。
将来、外資系の企業で働きたいという学生はもちろん、
日本にいながら英語を使う仕事に就きたいという学生にも、
魅力的なプログラムだと言えるでしょう。

大学によっては、海外の大学と提携してインターンシップ学生の
交換を実施しているところもあるそうですよ。

人脈をつくろう

海外インターンシップが持つメリットの一つに旅行者や観光客には持ち得ない人脈の形成があります。

インターンシップは単に観光に訪れるのではなく就業体験に行くので、現地の人々とのコミュニケーションも一層大事なものになってきます。

一緒に仕事をし、毎日顔を合わせる中でお互いをよく理解し合う必要性が生まれて来るからです。

外国なので、まず使う言語が異なり意志の疎通がうまくいかない可能性もあります。そうした壁を乗り越えなくてはインターンシップを有意義なものにはできません。

そこで現地の人々との交流が重要になってくるのです。このように必要性があって生まれる交流ではありますが、その経験は必ず力になるでしょう。

見知らぬ人とのやり取りによってコミュニケーション能力が磨かれることはもちろんですが、何よりも海外の人との繋がりが生まれることが大きいでしょう。日本にいただけでは得ることのできない外国人の価値観や世界観を直に学ぶことができます。

更に、この人脈は将来の可能性を広げてくれるものでもあります。日本で働く際のアピールポイントにもできますし、もしくは外国でそのまま就業したい、または起業する場合などにも有効でしょう。

直接、就職に結びつくものではなかったとしても友人を作り、その人の世界を知ることは、間違いなくその人を成長させるでしょう。